やりがいの多い保育士を目指して短期大学へ進学しよう

保育士と子ども

ニュース一覧

活躍できる

鉛筆

共働き世帯の増加などが要因となって、親が働いている間に面倒を見てくれる保育士のニーズが高まりをみせています。このような状況を考えると、保育士の資格を取得することで活躍できる場はたくさんあるといえるでしょう。

もっと詳しく

即戦力として

保育士

高校を卒業してすぐに保育士を目指すのであれば、短期大学か専門学校への進学が一般的です。現場での実習をする時間がたくさんあるので、卒業後すぐに即戦力として活躍できる力が身に付きます。

もっと詳しく

夢を叶える

勉強

保育士は、待機児童の問題がクローズアップされるようになった昨今、とてもニーズが高まっている職業であることが知られています。子どもの成長を間近で見守ることができるお仕事なので、子ども好きにはたまらない職業であるといえるでしょう。とても大きなやりがいと感動をたくさん味わうことができます。保育士になるには、高校卒業後に短期大学か専門学校へ進学するのが一般的な方法であると考えられます。短期大学は、4年制大学よりも大学へ通う期間が短いので、経済的な負担を軽くすることができます。また、理論を重視して学習する4年制大学に比べて実習が多いので、より現場で生きる知識や技術力が身に付く環境であると考えられます。

短期大学で保育士の資格を取得すると、高い確率で就職をすることができると考えられています。就職率が高い理由の一つが、保育士の不足問題です。少子化が進んでいる我が国ですが、働く女性の数も増加しています。そのため、保育所の需要が年々高まっているのですが、そこで働く保育士の数が追い付いていません。このような背景があるので、短期大学で保育士の資格を取得した学生の就職率が高くなっているのです。

短期大学では、社会人になってから保育士を目指したいと考える人の受け入れを行なっています。全ての人が納得した職業で働いている訳ではありません。就職した後に自分の夢を見つけたという人もたくさんいることでしょう。保育士を目指したいと考えたのであれば、再び短期大学へ通って資格取得を目指すことも一つの方法であると考えられます。

研究をしている

笑顔の男女

公務員になるには、各自治体や国が行なう公務員試験を突破しなければなりません。専門学校や予備校では、公務員試験の傾向や対策の研究を行なっているので、試験対策に万全の環境であると考えられます。

もっと詳しく